> 転職サポート情報 > 履歴書・職務経歴書の書き方

転職サポート情報Career support information

面接の心得

企業があなたを知る最初のきっかけとなるのが、履歴書と職務経歴書です。
仕事への熱意と自分が積み重ねてきたキャリアを効果的に表現して、採用担当者に「この人に会ってみたい」と思わせる書類づくりを目指しましょう。

履歴書

基本は正確な情報を読みやすい文字で丁寧に記すこと。
さらに資格や特技などの項目も有効活用して、これまで得てきた知識や経験、技能をアピールすることがポイントです。

履歴書 全体

注意点

※項目をクリックすると、詳細をご覧いただけます。

日付・氏名・住所・連絡先・写真について

履歴書 解説01

(1)日付
日付は直接提出する場合は提出日、郵送する場合は投函日。

(2)住所
住所は都道府県名から省略せずに記入。

(3)連絡先
連絡先には急な連絡にも対応できるように携帯番号を必ず記入。

(4)写真
写真は過去3カ月以内に撮影したもの。背景のあるスナップ写真等は使わないこと。

学歴・職歴について

履歴書 解説02

(1)学歴
学歴は中学校あるいは最終学歴の1つ前から。中学校は卒業年月、高等学校以上は入学と卒業(修了)の年月を記入。

(2)職歴
職歴は在籍したすべての会社名と入社・退社年月、部署名、異動歴を記入。退社の項目には「一身上の都合」など理由を簡潔に。在職中で退社時期が決まっている場合は、退社予定年月のあとに「○○社退社予定」とします。

※学校名や会社名は「高等学校」「株式会社」なども略さず、すべて正式名称で。大学以上は学校名以下、学部・学科まで入れます。

免許・資格について

履歴書 解説03
  • 免許・資格名はすべて正式名称で記入。
  • 記入する資格は応募職種に関連するものを優先します。取得途中や受験予定のものも記入してアピールしましょう。記入欄に余裕があれば、その他の取得資格も追加。

志望動機、特技・これまでの経験について

履歴書 解説04

(1)志望動機
「志望動機」は、同業他社の中から、その企業を選んだ理由を明確に挙げます。具体的な職務内容にまで踏み込んで、入社後に何をしたいのか、何ができるのかを表現。

(2)特技
「特技」はあなたを象徴する趣味でもOK。応募職種に関連するものはもちろん、直接関連がないものでも、「映画鑑賞」なら「映画館に月○回足を運ぶ」など具体的に記入して、面接時の会話の材料を提供します。

(3)これまでの経験
「これまでの経験」はボランティア活動や受賞歴など、特別な経歴があれば簡潔にまとめます。前職・現職に関連するものでも可。こちらも詳細を入れて、面接の会話材料とします。

扶養家族、配偶者、配偶者の扶養義務について

履歴書 解説05

(1)扶養家族
「扶養家族」は配偶者を除いた人数を記します。いない場合は「0人」と記入。

(2)配偶者の扶養義務
「配偶者の扶養義務」は、配偶者の年収が社会保険料の扶養控除対象となる130万円以下なら「有」、130万円を超える場合は「無」と記入。

本人希望欄について

履歴書 解説06
  • 応募企業が複数の職種を募集している場合は希望職種を記入。
  • 給与と待遇に関しては、「貴社規定に準じる」とするのが一般的です。通勤や勤務時間、勤務地などで、入社の際にどうしても配慮を求めたい条件がある場合は、理由と合わせて記入。
履歴書 フォーマット
ダウンロード
履歴書のフォーマットPDFデータがダウンロードできます。転職活動にぜひご活用ください。

職務経歴書

履歴書と比べて書式の自由度が高く、必要な文章量も多い職務経歴書。
伝えるべき内容をスッキリまとめて、あなたのキャリアが一読で理解できる文書に仕上げましょう。

注意点

※タップすると拡大してご覧いただけます。

職務経歴書 全体
タイトル・日付・氏名について
  • 冒頭に「職務経歴書」と大きくタイトルを入れます。
  • 日付は文書作成の年月日を入れ、「○○年××月△△日現在」とします。年の表記は文書全体で西暦と和暦のどちらかに統一。
職務要約について
  • これから紹介する職務経歴を数百字以内の文章に要約します。在籍した企業、手掛けてきた職務内容、クリアした課題、残した実績、今後の目標など。
  • まだキャリアが浅く、職務経歴が少ない場合は省略も可。
職務経歴について
  • 在籍した企業や部署での職務内容を時系列順に記述する「編年体形式」が一般的です。
  • 在籍した企業については、事業規模などが分かるように、業種、事業内容、資本金、売上高、従業員数、上場の有無などの企業データをそれぞれ記載。
  • 勤務期間ごとに在籍企業と雇用形態、配属部署、職務内容、職務による実績や成果を紹介。全職務ではなく、メインで手掛けた職務や優れた実績を挙げた職務をアピールします。
  • 実績や成果は、達成までのプロセス(意図、経過)を交えながら、「売上○%アップ」など、具体的な数字を出して紹介。
活かせる資格・知識・スキル
  • 勤務期間中に取得した資格やビジネススキルについて紹介。
  • 資格は過去の職務経験で活きたものと入社後の職務で活かせるもの。取得したことによる効果もあれば紹介。
  • 語学やPC、ビジネスマナーなど、仕事に活かせそうなスキルはできる限り記載します。
自己PRについて
  • 職務経歴を通じて育んできた能力を改めてアピールし、それらを入社後の職務にどう活かすか、会社にどう貢献するかを数百字程度の文章にまとめます。
  • 企業側が求める人材のニーズを踏まえ、その要望にこたえるPR文としましょう。

転職サポート情報に戻る

TOPへ